スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初合わせ。


i love youに関して。
ギターとピアノ。どうしても両方バッキングするときは音域が被ってしまう。

四分打ちとアルペジオなら聞こえはいいのだけど
Aメロあたりで両方アルペジオ刻むとうっとうしい。

従って イントロ→Aメロ→間奏まではピアノが持って行く。
BメロとBサビは二人で刻む。
エンディングは最後のアルペジオだけピアノで弾いて締める。


4声のコードならば、大体すぐに押さえられるようになっていた。
歌伴奏に関しては、アルペジオもコードでやれば、割と即興で伴奏できる。


問題は引くので精一杯で音がまるで聞けていなかった。
引くので精一杯ということは余裕がないということ。
余裕を持つには、どうすればよいのか。
基礎力を付けるしかない。
基礎力とは、今の自分の練習メニューの中ではハノンとコード転回である。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。